〈 土鍋作品でのお料理 〉


                  土鍋作品を使ったお料理をご紹介します。         

  

土鍋の料理や飲み物は遠赤外線で調理するので、とても体が温まります。

 

 冬の鍋物だけではもったいない!。

この土鍋作品は空焚きできるので、フライパンと同じ使い方が出来るのです。

油炒め・オーブン料理・焼き物などあらゆるシーンで活躍してくれます。

 

でも 使い方がイマイチ分からないという声も多いので 我が家での使い方をご紹介します。

 参考になさって 土鍋を使いこなしていただけたら嬉しいです。

 

こちらはお客様が送ってくれた画像です。

 どれも食卓の暖かさが伝わってきて おいししそうですね。

お客様の声」もご覧下さい。


仲本律子 女性陶芸家 茨城県笠間市 粉引作品 土鍋作品 土鍋作家

 

基本の使い方をマスターしたら 「応用編」のお料理を作ってみましょう。

 

・・・  土鍋レシピ 基本編   ① 炒める  ・・・

仲本律子 女性陶芸家 茨城県笠間市 粉引作品 土鍋作品 土鍋料理

 

 

オイルを入れて肉とにんにくを炒めています。

全然くっつきません。

 

この後は色々なお料理に発展させて下さい。

 カレー、シチュー、すき焼き 中華料理など

 

直火にかけられるように調合された粘土と上薬だからこそ出来る

調理法です。

 

注)

市販の土鍋が全て同じ使い方が出来るわけではありませんので、

仕様書をご確認の上お使い下さい。

 

・・・  土鍋レシピ 基本編  ② 御飯を炊く  ・・・

 

御飯専用の「二重蓋の土鍋」で炊くと とても美味しいご飯が炊けます。

蓋は二重で ボディーは肉厚に作られているので、火を消してからも高温調理をし続けます。

 

二重蓋は 美味しさの素であるおネバを 1滴も逃しません。

さらに 火から1番遠くて温度が上がりにくい上部の温度を上昇させるので、全体が高温に包まれて炊飯され、

その結果 モッチリとした弾力が生まれ 甘い御飯になります。

 

炊きたて御飯はもちろん美味しいのですが、冷めてから食べるおにぎりなどは その差にびっくりします。

 

 ブログ「ご飯の炊き方インタビュー」はこちらから⇒

 

仲本律子 女性陶芸家 茨城県笠間市 粉引作品 土鍋作品 ご飯土鍋 二重蓋炊飯土鍋

(ご飯の炊き方)

  準備: お米は洗って1時間以上水に浸しておきます。

 

・水を切ったお米と 同量の水を土鍋に入れて 二重に蓋をします

・強火にかけて沸騰したら 蓋を開けて お米の上下を返します。

・蓋を戻して 30秒程強火を続けたら、中火にして5分、弱火で5分。

・火を止めたら15分蒸らします。

・蓋を開けて天地返して余分な水分を飛ばします。

 御飯に余分な水分が付かないように

 フキンなどを掛けてから 上蓋だけを戻します。

 

 注) 火力の強いコンロでは焦げが強くなりますので、火力を調節して下さい。

    おこげを作りたくない場合は 沸騰後の中火を 弱目の中火~弱火にして

    下さい。

     

                     水分量やお焦げの加減など ご自身の好みに合わせて調節して下さい。

 

(御飯のおこげはどのようにして食べますか?)

 

・雑炊に

  そのまま食べても美味しいですが 我が家では土鍋のおこげで 雑炊を作ります。 

  野菜やお肉などを入れて お醤油味に整えると まるでふるさと秋田の「きりたんぽ鍋」の

  ようになります。

  (きりたんぽは 秋のうるち米を杉の棒に巻き付けて焼いたものですから おこげと同じ)

  そして土鍋には1粒の御飯も残さず きれいにお掃除も出来るので一石二鳥です。

 

・おにぎりに

  くるりと巻いて お醤油を少々つけてから 海苔で巻いて食べます。

  (下記:山菜おこわを参照)

 


・・・  土鍋レシピ 応用編  ・・・

ここからは我が家での家庭料理をご紹介します。

 

 

 ・MENU・

〈 土鍋レシピ 応用編 〉

 

 土鍋蒸し トースト  焼き芋

 水炊き→カレー→カレーうどん  

水炊き→トマト鍋→トマトグラタン 

 リンゴと豚肉のトマト煮 

トマトとナスのミートソース煮

 鶏ハム 茶碗蒸し お豆の茹で方 

鶏もも肉の煮物 焼き魚  

山菜おこわ  お魚ごはん

   蒸し栗  ピザ  

蒸しトウモロコシ お粥 

アヒージョ  すき焼き  土鍋カレー