元料理人

とある日の朝ごはんです。

 

私が作ったのではありません。

 

お泊りの友人が作ってくれたものです。

 

ビーツのスープ、野菜とキノコの蒸し焼き。

 

ズッシリ系のパン、サラダ、ビーツとジャガイモのチーズ焼き、

 

チラッと右下に見えるのは鶏ハム。

 

全部土鍋で作ってくれたお料理です。

 

 

お料理を作ってくれたのはこの彼女。

 

元料理人の彼女が泊まると 私達は飢えた子供のように喜ぶのです。

 

土鍋を使って 次から次へと テーブルいっぱいにお料理が並びます。

 

 

 

嬉しいのは、彼女が土鍋に惚れ込んでくれてること。

 

「時短だし、柔らかくできるし、なんて便利なの!」

 

そう言って 私が作ったことのないお料理をどんどん作ってくれます。

 

 

 

とうとう現れた!

 

待っていたんだ! こんな料理人!!